えーーちょっとまってよ

さっきアメブロ開いたら、新しい読者が1人居ますって赤文字で書いてあって、
それをクリックしたら別の画面に移動して、
ある方からメッセージが書いてあったんですが、
返信の仕方がわからなかったので「もどる」押したら、
赤文字が消えててさっきの画面にもどれなくなりました。
どうすればいいんだろ?
mixiとtwitterとfacebookとmyspaceは結構使いこなせてる自信があるんだけど、
アメブロだけは、本当に記事の書き方くらいしかわからない。
っていうか読者ってなに?
あと前から思ってたけどアメンバーって何なの!?(何回か申請したことある)
その二つは意味違うの??
あと、ぺタってどういうときに便利なの?
あとピグって何?
俺って色々損してる?
そんなことは自分で勝手に調べるとして、、
今朝ツイッターでもつぶやきましたが、
DIAの夏ツアーが決定しました!!
そしてそのツアーを締めくくるライブがこれ!!
$Death You Are!?
大阪のShatterSilenceと共同企画です!
8月13日の土曜、新宿アンチノックです。
良いバンド揃ってますので、是非いまのうちに予定空けといてくださいね~
詳細は後日発表いたしますのでこまめに俺の言動をチェックしてください。
ほんじゃね!

ドラムスティックのデザイン

どうも鶴田です!
今日は食欲が戻ってきました!
焼きそば全部食えた!やった!!笑
さて、今日はなんを紹介するかというと、
僕がデザインさせていただいた、
METAL SAFARIの八頭さんのドラムスティックです!!
$Death You Are!?
すごいマズイ病気にかかっちゃったスティックみたいで、めちゃかっこよくないですか?
これ以上にメタルなスティックで存在しないですよ多分。笑
でも、これよく見ると全部蛇なんですよ!
八頭さんのもののデザインには全部「八頭」に由来して八岐大蛇を描いてます。
そういう自分のシンボル持てるって良いですよね。
俺だったら何がいいかな。。
目が細いからキツネ?
うーん、わかりにくいなぁ。
個人的に一番好きな動物はペンギンなので、
ペンギンがいいです。 
俺のオリジナルギターピックを作ることになったらペンギンのデザインにしよう。
いや、やっぱりやめよう。
っていうか俺の話は別にいいや。
(俺のブログなのに?笑)
この八頭さんのスティック欲しい人は、
まずMETAL SAFARIのライブに行きましょう。
そしてライブの最後に八頭さんがスティックをフロアに向けて投げてくれることを信じて待ちましょう!
まず、そもそも投げないかもしれないので期待はしちゃだめですよ?
僕ドラマーじゃないのでわかりませんが、
アレ、スティック投げるのって結構怖くないんですかね?
ギターのピックをお客さんに投げるのは
お客さん近いし、ピック軽いし、安全なんでいっぱい投げちゃいますけど、
ドラマーの場合、ステージをまたいでお客さんまで届く距離を投げないといけませんよね。
しかもドラムスティックって普段あの距離投げるもんじゃないんで、
力の加減とかわかんないですよね?
どれくらいスピンかけちゃっていいのかとか、投げるとき絶対不安ですよね。笑
クルクル回ってるとキャッチしにくそうだし。
棒って投げるとすっげー遠くまで行っちゃうこともあるんで、
注意してないお客さんの辺りまでいっちゃったら危険だし、
逆にそっと投げて、ステージ状に転がるとかって激恥ずかしいですもんね。
そのへんどうなんですか!?
ドラマーの皆さん教えて!!!

カムバック鶴田

イトゥーに変わり、今日からはまた鶴田です!
イトゥーがブログ書いてる間、俺は激しく失恋してしまい、
それ以外の事をなにも考えられない状態に陥っていた。
なんて非メタルなんだ。
どれくらいの失恋かというと、
JPOPが心に響いてしまうくらいの致命傷である。
信じられない。
結局音楽は自分次第で聞こえ方が180度変わるんだ。
いや、音楽に限らず、すべては主観で変わるんだろう。きっと。
話題を変えよう。
スケボーの季節がやってきました。
自分の周りのかっこいいデザイナーやバンドマンは、
冬眠からのリハビリ活動を始めたり、
新たなスタートとしてボードをフルで買い換えたりし始めています。
でも俺はまだ手が完治してないからコケるのビビって全然乗ってない。
早く乗りたい。
スケボーの文化にとって、「映像」は切っても切り離せない存在だと思う。
スケートビデオは、ほぼ魚眼レンズくらいのワイドアングルレンズを使って、
めちゃくちゃ壮大に見えるかっこいいアングルで撮影するのが基本。
数年前から映像編集やアニメーションにも力がはいってきていて、
スケートビデオの編集コンテストなんてのもある。
もう、映像に関しては完全にスポーツというよりアートの領域。
本場のスケートビデオは、やっぱりスケボーは相当なスキルだけど、
割とオーソドックスな技で攻めて、映像が高画質で編集がすげー凝ってるのが多い。
そこで今日紹介したいのは日本の映像。
でもこの映像は、完全にスケボーも構成も全部がアート過ぎる。
本っ当にかっこいい。しかもこれ3年くらい前だよ?

映像が面白すぎて多分最初はみんな気づかないと思うけど、
BGMのビートが全部ビリヤードの音でできてるってとこにもコダワリを感じる。
尊敬する。
この映像に出てくるピンクの人、Miyagi Gouさんのパートも絶対見たほうがいい。
でもそれは自分で検索してね。
PS
スケートビデオのコンテストで一番オススメなのは、
スケーター用の靴のメーカーのみが参加する、「Skate and Create」っていうコンテスト。
スケボーも映像もレベルも相当高いんで、是非検索してみてください。