おっと

久しぶりです、ギターの鶴田です。

前回の伊藤の日記の意味が俺にはまったくわかりません。

世間の話題についていけてないのかな、俺。

久しぶりのDeathIAm情報です。

次のライブまでにTシャツつくりまーす。

それとステッカーも多分作ります。

なんかDEICIDEのライブが中止になったとかありましたけど、

DimmuBorgirとかのドラマーとかが加わって変なイベントになるそうです。

大丈夫かなー。正直心配でなりません。

Suffocationをまじめにコピってみた

こんばんは。
ドラム&アレンジ担当の松倉です。
今回は僕の好きなSuffocation(以下サフォ)ネタでも。
この間、サフィの初期の代表曲。
Liedge of Inveracity(スペルあってる??)
をコピーしてみました。
・・・・・・いやはや。
コピーして思ったのですが。
なんでこのバンドに聞き惚れるのかがやっとわかった気がしました。
(※特に渋谷クワトロで見たライブが忘れられない)
ほんとにしっかり作ってあるんですね。
このバンドの曲。
言ってみれば、昔の職人さんが丹念に丹念に建てた家のようなもの。
曲のどの部分もしっかり自分の仕事をして組み立てられていました。
ボーカルは他のパートの邪魔せずもくもくと。
ギターは精密且つ技巧的で、地味目のキャッチーなリフをもくもくと。
ベースはギターにしっかり乗らせる基盤づくりに徹して。
ドラムはさらにその下の層をうめる、基本にのっとった(余計なことなし)リズム展開を。
いってみれば、「足腰のしっかりした」曲。
ライブ版見てもその「ド派手ではない」けれども、「実力でブリブリくる」。
オールドスクールの迫力に改めて感服いたしました。
新しいのを産み出すのも大事だけれど、修行の身としては、
昔を振り返って、いい音楽を完コピすることも必要だなと個人的に感じました。
----------------------------------------------------------------------–
みなさんは普段どんな音楽を聞いていますか??
その中で、完全に一音一音まで完コピして追える曲はいくつありますでしょうか???
日頃から隅々までしっかりと聴いてあげることも、
一ファンとして。
一音楽人として。
その音楽を作った人たちへの敬意ある接し方なのではないかと思います。
だから僕はipodは買わず。
今日は「このCDを聴く!」と決めて家を出て。
アルバムの一曲目から最後の曲まで黙々と聴くのが好きなのです。

青天の霹靂

ごとうです。

じっとり汗ばんでます。

いやー最近雨が多いですね。まったくうんざりしますね。
日本の季節の変わり目というのは、基本的に荒れるものと言われていますが、
今の天気はほんとに異常気象なんでしょうね。

この間なんか、夜中に家の数十メートル先の電柱に雷が落ちて、電柱が斜めになってました。
ピサの斜塔みたいに。若干焦げてたし。あはは。

そのくらい近い距離に雷が落ちると、光と音のタイムラグがほとんど感じられないんですよね。
久々に、ピカドンがほぼ同時に来たのを感じました。ぴかっと光った瞬間に、一瞬で目が覚めて
パチっとまぶたを開けた瞬間に爆音がして、ビビッて飛び起きたら、家のちょうど真正面の電柱が
ピサの斜塔になってました。おいおいって感じで。

それからしばらく眠れず、雷乱舞を感じていました。天然のメタルみたいで。

一時して、自然に寝てしまっていました。
朝携帯が鳴っているので、アラームだと思ってしばらく無視していました。

鳴り止んで一時して、時間を確認するために携帯の画面をみたら、
係長から着信が入っていました。

みなさんも雷にはご注意ください。